基本情報

 

 展覧会概要 

 

京都芸術センター キュレータードラフト2017

スポンテイニアス・ビューティー

 ー  作家アーティストのいない展覧会  ー 

 

 

会期:2017年2月18日(土) – 3月26日(日)

    10:00 – 20:00   |   会期中無休   |    入場無料

会場:京都芸術センター(ギャラリー南・北)

キュレーション:笹原晃平

参加作家:なし

主催:京都芸術センター

 


 

 展覧会趣旨 

 

 「スポンテイニアス・ビューティー - 作家のいない展覧会 -」は、そのタイトルが示す通り、特定のアーティストによる作品展示を行いません。その代わりにキュレーター(企画者)・笹原晃平が「京都」という街を7つのセクションからキュレーション(企画)するという新しいタイプの現代美術の展覧会です。

 「スポンテイニアス/spontaneous」とは、「なりゆき・自発的」という意味の英語であり、本企画では「なりゆきの美しさ」に着目してキュレーションを行います。なりゆきの美しさとは、街の中で忘れられてしまったもの、捨てられてしまったもの、無くなってしまったもの、消えていってしまったものの中に眠っている美しさです。これらは、ある個人の内省や感情からわき起こるものではなく、地域やコミュニティといったより大きな集団から創出される類の美しさです。それを個人的な意図や作家性を極力排除して、キュレーションという技術を最大限に研ぎ澄まして構成することで、一つの「展覧会」という形で見せていきます。

 本企画は、展覧会というある特殊な場において、これまでとは違ったスポンテイニアスな角度から、「京都」というある社会の一面を切り取りながら、同時にキュレーションや展覧会の方法論、そして作家性そのものに再考を促す機会となるでしょう。

 


 

 関連プログラム 

 

《 TALK 》

笹原晃平×難波祐子

「作家のいない展覧会は本当に成立したのか?」

日時:2017年2月19日(日)14:00 – 15:30

会場:京都芸術センター ミーティングルーム2

※入場無料・申込不要

公募形式ではじまった本展の、立案から公開までの約半年間を振り返り、どのようにして展覧会ができあがったかについてお話しします。また、キュレーターが芸術と社会の接点でそれぞれに対して何を問いかけ、何を根拠に展覧会という場を作っているのかといった議論も交え、キュレーションという技術がもつ可能性について対談を行います。

 

《 PARTY 》

日時:2017年2月19日(日)16:00 – 18:00

会場:京都芸術センター ミーティングルーム2

※入場無料・申込不要

※TALKの後にささやかながらオープニングパーティーを開催いたします。広く皆様のご来場をお待ちしております。

 

《 WALK 》

笹原晃平が展覧会を立ち上げるために関わった人々をお招きして、ガイドツアーを行います。
※詳細スケジュールは関連プログラムのページで発表

 


 

 企画者プロフィール 

笹原晃平(ささはらこうへい)

1984年東京都出身。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。2007年よりインスタレーション作品の制作、プロジェクト作品の制作、展覧会のキュレーションなどの活動を行う。2007年『Home and Away』により川俣正賞を受賞。2008年『Soup and Recipe』でシティースケーパーズ・グラントを、2012年『P.I.V.O』で野村財団芸術文化助成を受給。国内外でのプロジェクト多数。

>>>外部リンク

 

 

 

 

キュレータードラフト2017

KAC2017_CD

 

 京都芸術センターが隔年で開催してきた公募企画「展覧会ドラフト」を、若手キュレーターの発掘・支援を目的とした「キュレータードラフト」としてリニューアル。若いキュレーターに企画の場と機会を提供することで、新たな可能性の創出を探ります。今年度は審査員に難波祐子氏(キュレーター)を迎え、笹原晃平の展覧会企画『スポンテイニアス・ビューティー 作家のいない展覧会』が選ばれました。

 


 

 審査員講評 

 「キュレーター・ドラフト」という形になって初めての企画募集に、質の高いプロポーザルが多く寄せられ、最終的に5名・組の方と面接を行いました。それぞれが全く異なるアプローチで、単純な比較はできない性質のプロポーザルばかりでしたが、審査を通じて今の時代に若い世代が日本でキュレーションをしていく上での共通の関心事や課題なども、おぼろげながら見えた気がしたのも確かです。
 審査の結果、「キュレーション」という行為や「展覧会」というシステムそのものに対して真摯な問いかけを提示した笹原晃平さんのプランに、新しいキュレーションのあり方を切り開く可能性を感じて、お願いすることにしました。今回の「キュレーター・ドラフト」が、多くの方々にとって、これまでにない挑戦と発見の場となることを期待します。

 


 

 審査員プロフィール 

難波祐子(なんば・さちこ)
現代美術キュレーション。東京都現代美術館学芸員を経て、展覧会などの企画運営を行うI plus Nを設立。
2016年より国際交流基金文化事業部企画役(美術担当)。著書に『現代美術キュレーター・ハンドブック』、『現代美術キュレーターという仕事』(ともに青弓社)。企画した主な展覧会に「こどものにわ」(東京都現代美術館、2010)、「呼吸する環礁ーモルディブ-日本現代美術展」(モルディブ国立美術館、マレ、2012)など。札幌国際芸術祭2014プロジェクト・マネージャー(学芸担当)、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014キュ レーター、「”TOKYO”ー見えない都市を見せる」共同キュレーター(東京都現代美術館、2015)。

 

 

京都芸術センター

外観  

photo by OMOTE Nobutada
 概要 

 京都芸術センターは、京都市、芸術家その他の芸術に関する活動を行う者が連携し、京都市における芸術の総合的な振興を目指して2000年4月に開設されました。多様な芸術に関する活動を支援し、芸術に関する情報を広く発信するとともに、芸術を通じた市民と芸術家等の交流を図ることを目的としています。

 芸術センターの活動の特徴として、「ジャンルを問わない若い世代の芸術家の制作活動の支援」「さまざまなメディアを用いた、芸術文化に関する情報の収集と発信」「芸術家と市民あるいは芸術家相互の交流の促進」の3つがあげられます。具体的な事業として、展覧会や音楽、演劇、ダンス、伝統芸能などの舞台公演やさまざまなワークショップ、茶会、芸術家・芸術関係者の発掘と育成や伝統芸能の継承と創造を目指す先駆的な事業のほか、制作や練習の場である「制作室」の提供、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムでの国内外の芸術家の支援などを実施しています。このような活動をとおして、京都芸術センターは、新しい世紀の都市文化の創造拠点となることを目指しています。

>>>外部リンク


 

 アクセス 

0114_TOP_MAP_s

 

 

 0114_KACSB_LOGO